FC2ブログ

【ゲーム】スーパーロボット大戦Ⅴ【感想】

20170226_204345.jpg

とりあえず一週目クリアしたので感想を。
ちなみに今回はあまり頭使わずサクサクっとやりたかったのでビギナーモードだったりします。

メインの戦闘シーンは動画サイトなんかでも見られるので参考にすればいいと思いますが、
実機の画質はまったく問題ないです。
PSVitaだと一部ジャギってたりしますがそこまで気にならないです。

ストーリー
今回クロスオーバーどころじゃなくかなり設定が変更されてます。
万丈がA級ジャンパーだったりパラレルボソンジャンプなるものがあったりと
ラスボス級のキャラ(シャア、ハマーンなど)がすでに死んでいる設定なのも個人的にはあり。
とにかくキャラの掛け合い、各作品の設定が上手い具合に無茶やってくれるので楽しめる。
今作は一作で完結するというのは本当なので次を心配する必要もない。

オリジナルのナインがなぜあれほど【愛】について知りたがっていたのかも最終話への複線としてよかった。
ラスボスですがターン制限はあるものの弱いです。
ビギナーモードだとたったHP200,000だからね。
マジンガーZEROの攻撃で60,000
真・ゲッター1の攻撃で45,000
ヴィルキスの攻撃で……という感じです。


一週目クリア時点での自分の部隊ですが
エースはアンジュでした。
ヴィルキスの性能とアンジュの格安愛が使い勝手良すぎてひたすら倒してました。
メイルライダーなので資金も得られてよかった。
基本的に好きなキャラ育てればクリアできるのはお約束ですかね。
EV出撃とオリジナルだけでもなんとかなる。

今回ほとんどのキャラが特色ないスキルで構成されており
スキル作成して強化が基本になる。

ユニットもやはり同じ。
今回の10段階改造ボーナスにある強化パーツスロット+1が鍵。
攻撃力強化アイテムやかなり特殊な強化パーツが多い。

やっていてふと思ったのがストレスを感じなかったこと。
ゲームのローディング時間はほぼ0で戦闘もすぐ始まる。
PS4ならそうなのかと思うけど、Vita版でこれだから嬉しい。

馴れたほうがいいな、と思うのは戦艦ユニットによる
強制回収→移動→出撃による高速移動。
これを使えば一気に20マス以上動けます。

余談ですがタツさんの存在が気になりすぎた。
これ、ね…同人ネタになるよな。

【エロゲ】は~とふるママン【感想】



は~とふるママン、差分以外は埋まったので感想を

ママンこと汐梨はとにかく最初っから最後まで主人公をベッタベタに甘やかしてくれる。
エッチに関してもしてはダメだと感じつつ結局は許してしまう。
純愛ルートでエンディングを迎えるのならひたすら甘やかされるルートになってます。
制服コスは正直あってないけど、裸エプロンはやはりええな。

NTRについて
純愛ルートがめっちゃ甘々に作られているため、NTRは反動がきついわけですが実ルートにやや不満。
ほかの男どもは寝取り男として汐梨を屈服させるんですが実だけはガキっぽさからできません。
逆に汐梨のオモチャみたいにされてしまうラスト…ショタの寝取りって年頃の性欲もあってけっこうムチャできるのに…

※人物紹介以外にも汐梨を狙う人物はいます。
元カレや十三ルートでは八百屋、嗣夫の仲間である満明などあります。
これにはちょっと驚きました。

□ 麻衣

単純に手塚りょうこさんの声が良くてね。
彼女の旦那も主人公を利用していろいろとやってくれるので好きです。


□ 久しぶりに楽しめました。
値段的にはミドルプライスといわれる6000円程度なのですが内容はフルプライスに相当しています。
汐梨というキャラに対して男衆が群がるさまは主人公にとって悪夢だろうけどそこがいい。
フラグ管理さえもうちょっと分かりやすかったらよかったのにとは思う。

【ゲーム】蒼き革命のヴァルキュリア【感想】

20170131_035629.jpg

ゲームのシステムががらっと変わったヴァルキュリアシリーズの最新作。

前作までの部隊員一人一人を行動させて陣取り合戦のような戦いから
固まって動いて敵兵士を駆逐し制圧するタイプへ。
自分が動かしているあいだ仲間はCPUによる行動になります。
(動かすキャラを変更できるので細かい問題はない)
体験版をやればわかりますが、別段『独特の面白さ』は見受けられません。
むしろこの点だけいえば、なぜこの仕様にしたのか理由がわからない。

□ 物語
すでに主人公たちの戦いから何十年と経っており、リシェールによる語りを聞くことで物語は進行する。
プレイヤーは復讐者アムレートとなり追体験することになる。
すでにアムレート含む大罪人5人は死刑が決定しているので戦争終結までの話なわけですが
まぁオーソドックスですよね。
オフィーリアがアムレートたちが戦争をはじめたことを知りながらも戦争を続けるのはよかったけれどそれ以外はパッとしない。
サブキャラも大して魅力的とは言いがたい。
ヴァルキュリアの存在や正体ももうちょっとなんというか手心を……。

□ 不満

とにかくムービーありきで話が進む。
それなのにムービーのあいだに長いローディングが入る。
これがあまりにも多く、それでいて早送りのようなものがないため、ストレスが大きい。
たいしてキャラが動いたりするわけでもない棒立ち無表情の会話なのだから早送り可能にしてほしい。
声優さんたちの演技を堪能するという意味では正解かも知れない。

□ ゲームの難易度は低い

ラスト付近まで本当にごり押しでいけます。
評価を気にせず進むなら敵を倒さず目的地目指してもOKなので。
それとクリア後に周回プレイが可能になりますがやる意味がほとんどないのと一緒。

【エロゲ】僕のエルフお姉さん/Lilith [リリス]【感想】

僕のエルフお姉さん

カオスアリーナが好評なのはわかるけどエロゲも作って欲しい
待ちに待ったリリスの最新作。
エルフがいることに関してはそこまで関係なく、単純にキャラの設定程度に思うべき。
(よくある異星人と文化交流がある…みたいな世界感でいいと思います)
エルフの特徴として魔法が使えるくらいでしょうか。ソフィアの外見もですがエッチシーンで魔法を使用します。
とはいえ、エルフが登場する理由はほとんどなく、街の風景は現実と大差ないし主人公や他の人間も普通です。

ソフィアの身体や容姿は男たちにとっては獲物でしかなく
下品な男たちの会話やチャラ男のナンパなどあるがソフィア自身、人間との交流を円滑にしたいとう思いから拒絶はしない。
その結果…という感じですね。

主人公は完全に弟扱いされていて、憧れの眼差しを向けるしかない。
そんな立場でも、親が海外に行った隙にソフィアとちゃっかり結ばれたりします。

恋人になった2人を引き裂くように寝取り男も行動を開始するんですが方法が、盗撮による脅迫で一度きりの肉体関係を迫るというもの。
ちょっとがっかりというか、オーソドックスすぎやしませんか、と。
ただの脅迫モノになったら寝取られの意味がないというか…まぁソフィアが完全に敵視していたりするのと強引さ、鬼畜者を演出するにはいいけれど。

肝心のエッチシーンですが

他の男子生徒の前でキスするシーンや見せつけセックスがお勧めです。
拒むことの出来ないソフィアを我が物顔で彼女だといったり、犯すシーンはよかったです。
ソフィアの魔法を使ってのシーンは触手蔦で拘束プレイや透明化プレイでしょうか。

主人公とソフィアがするところに透明化して割り込むというのははじめて見ました。

とにかくお薦めというほどではないんですが、価格帯特有の中盤から始まる怒涛のエロシーンは良いものです。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

【ゲーム】ファイナルファンタジー XV【感想】




※ストーリークリア後の感想です。

批判されてもおかしくないゲームだと思う。

□ ゲーム

戦闘システムは正直シャイニングシリーズのほうがマシレベル。
もうこんな面倒なシステムを作るならFF7に戻ったら?と思うくらいメチャクチャ。
ひたすら攻撃→ピンチになったらポーションがぶ飲み→攻撃の繰り返しだからね。

さて、Chapter3に入った辺りでいくらかサブクエストをこなしてレベル35くらいになってからストーリーを進めたのですが
正直なところストーリーをクリアするだけならサブクエストを進める必要はないかな、と。
特に重大なサブクエストや装備が大量にあるわけではなく、道中で必要になる回復アイテムの購入資金の足しになれば程度でしかない。
(敵を倒してお金を稼ぐという従来の感覚とは違う)

今回はオープンワールドなんですがその意味はない。
たとえば遠い街にいきなり行って超高額超高性能の武器を見て買うとかできれば驚いたりするんですが、そもそも装備品がほとんどない。
確か購入した回数は3回くらい?だった。

新しい街に入ったら装備を整えて、周囲のモンスターを倒してレベルを上げて、ボスを倒して…という昔ながらのゲームだと思うと愕然となる。
さらには魔法の強さ。
通常武器での攻撃は意味がないというくらいに魔法が強い。簡単に9999に到達できるためストーリーのボスでも瞬殺する。

新しい形のRPGっていえば聞こえはいいけれど、ストーリーとサブクエストの両立ができていないだけ。

メインストーリーだけをクリアするなら20時間以内で普通にクリア可能。

攻略サイトをみて色々調べたところ、クリア後にできる部分があまりにも多く、なぜもっとストーリーに組み込まなかったのかわからない。

『ゲーム』部分だけを見るなら誹謗中傷も仕方なし。

□ ストーリー

メインの部分だけでいうならボリュームと説明不足はあるもののノクティスの成長物語としては面白かった。
映画を観ているとOPからもう涙が溢れそうになる。なにせ王様はもう出番無いんだしな。
このぶっきらぼうで世間知らずで無愛想な王子が、王の使命を果たすという目的にどうにかこうにか挑んでいく。
旅の仲間が従者ではないということの意味もストーリーの進行と同調するようにイベントが起きていく。

(個人的にイグニス失明はちょっといらんとか思ったけど)
(六神(召喚獣)を集めるというストーリーがどことなくテイルズシリーズを思い出したりもする)

アーデンがラスボスというのは正直、がっかり。
というか名のあるキャラが少ないのと、勝手に死んでたりシガイ化してまともに話になっていない。
完全にアーデンの手のひらで踊らされてるだけというのがね。

燃える展開というか格好良かったのはリヴァイアサンとの戦闘。
ラストよりもよすぎてね。

最後はノクトが命と引き換えにシガイを消滅させるんですが一度目のスタッフロールが終わった後に流れる
キャンプで「つれぇわ」のシーン、これは男だけの旅で無いとダメだろうなと思った。

とにもかくにもこのゲームを楽しもうというなら映画とブラザーフットは見ておく必要がある。
なにせ感情移入のレベルが段違いになる。
映画は本当に面白い作品になってるから是非観てほしい。

□ バグ

大量にバグが発生してますが、プレイ中にいくつか発生してました。
レガリアの屋根に顔が現れたり、腕がにょきっと生えたりとホラーです。
イグニスくんは止まらなかったけれどね。

□ 暇つぶしに動画みて

色々とクリア後の動画を見ましたがやり込もうとするならかなり時間がかかるかもしれない。
レベル上げだけならすぐですが、ダンジョンの数はかなりあるし、討伐クエストも多いのでプレイ時間は長くなる。
でもやっぱり、ゲームのクリアまでにある程度は攻略させてほしかった。
プロフィール

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター
カテゴリ
同人誌
リンク
RSSリンクの表示
おすすめ




読んでるもの等