FC2ブログ

【小説】ヤブヌマ2【感想】

DSC_0027.jpg

ゲームのほうは未プレイです。
小説版の前巻は出来が良く『寝取らせ』モノとして楽しめたのですが
今巻はそれほどでもなかった。
というのも『寝取らせ』モノではなく、
そこから始まる脅迫されての肉体関係が強く描かれている。
ヤブヌマの性技によって身体を開発されるものの寝取られ感はない。
特にセックスシーンも脅迫によるものでしかなく面白くない。

寝取らせ、NTRといった部分が主軸だったのは前巻だけ。
2017-08-11 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【小説】艦隊これくしょん 陽炎、抜錨します!1~7【感想】

DSC_0020.jpg

駆逐艦娘魂――艦娘となった少女たちの物語。

艦隊これくしょんのノベライズ本なのですがかなり評判がよかった。
どのような内容なのかはあえて調べず購入し読んだのでみましたが
努力友情勝利のド直球もの。

問題児が集まった落ちこぼれチームを主人公が率いて育っていく王道から始まり
数々の経験を積み、解散するまでのお話。

登場人物はさすがにキャラゲー原作だけあって濃厚でユニーク。
登場する艦娘もメインとなる第14駆逐隊以外にも多くいて楽しいばかりだ。

問題となる世界観。
艦これに纏わる最も謎の部分は、この世界における人間社会だと思う。
ここは特に気にならないように作られてる。
バケツ使ったら回復するとかゲームなら普通だけど
物語として描いた場合、どういうこと?となるが今更そんなことを蒸し返すほど野暮でもない。

個人的に最も好きな部分は那智の登場シーン。
秘書艦に引き継ぐこととなった陽炎のサポートとして残ってくれるのですが良い人だ。
妙高型だと彼女が一番好きなのでご褒美だった。

陽炎の駆逐艦娘魂が最後の最後まで輝き続ける最高の作品でした。

2017-07-31 : 感想 書籍 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【小説】魔弾の王と戦姫17【感想】

DSC_0018.jpg

前巻でラストだと言われてましたが18巻に伸びる。
それ自体は問題ない。

エレンとフィグネリアとの戦いが終わり、
各地に散っていた戦姫たちがティグルの元へ終結する。
魔のティル=ナ=ファとガヌロンとの決戦でリムが戦姫となる。
6人の戦姫と力を合わせ決着を着けるが竜具が力を失い石化する。
ヴァレンティナとの決着だけを残す。

ほぼすべてが戦闘。
でも最後のあたりで戦姫6人から好意を抱いていることは伝わってくる。
ティグルの考えひとつでハーレムルートいけるな、とか想いつつエレンルートだろうな。
次巻でヴァレンティナとの決着だろうけど、どうなるんだろうね。


2017-07-29 : 感想 書籍 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【漫画】まりあ†ほりっく1~14【感想】

DSC_0014.jpg

ミッション系(カトリック)の女子校を舞台に、「百合趣味」の少女と女装した「ドS」の少年を巡るラブコメディ。
掲載されたのが2006年(11年前)、この時期を思い返してみれば色々と女装少年モノがあった。
だが『女装して女子校に通う』系の作品内ではダントツの切れ味を持つ作品といえる。
原作が完結していたのを知って全巻セットで購入。

序盤からハイテンションそのもので
百合(レズ)の主人公、宮前かなこ と ドS女装少年こと衹堂鞠也の出会いから
かなこのクラスメイトたちとの出会いに入る。
どの登場人物も尖った一面を持っていてユニーク。
かなこのオヤジっぽさや非常識な部分が騒動を起こしながらも話は進んでいく。
あと家族や友達との関係が描かれることが多く滅茶苦茶にはなっていない。
(この点はかなこの自分勝手さや非道徳的な部分が多く目立ってしまう)

読んでいて面白かったのは8巻まで。
そこからは徐々にというか複線を小出しにして場を繋いでる感が拭えない。
アニメ第二期もあんな感じになったのがなんとなく判るほど。
べつに面白くないわけじゃないけど、特に面白い話があるわけでもないといった感じ。(ネタが合わなかっただけかもしれない)

特にラストではこれまで出てきた複線や謎が判明するわけですが
引っ張ったわりにはそんなに大したことない感じがしてしまう。
(TVアニメでラストに出てきたロザリオとか)

鞠也と静珠が最終巻で抱き合って泣き崩れるシーンは良かった。
最終的には大団円で終わっているものの結局だけはかなこは一人ぼっちよな。
その後の話とかもなさそうでまとまってる感はない。


コミックの表紙を捲ったところにあるお楽しみも11巻で終わっており
12巻以降が表紙のプリントというのもやはり別作品との兼ね合いなのかなと察してしまう。

本当に面白いところだけ見ようと思うならテレビアニメの一期のみでいいという結論になる。


2017-07-25 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

膣性感開発・中イキ完全マニュアル【感想】

医学書ではなく、性の指南本といったほうがいいか。
膣中での絶頂いわゆる中イキに達するための本。
いやらしいものではなく本当に大事なテクニックなので
Kindle Unlimitedに加入しているなら読むべき。
Kindleでも格安で手に入る。


2017-07-17 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





予定