FC2ブログ

【小説】魔装学園(9)久慈 マサムネ (著)【感想】

20160901_154115.jpg

20160902_204611.jpg

ホクト戦の次は創造神オシリス戦となります。
表紙に描かれている褐色のエジプト系の美女ですね。
ちなみに旦那と娘が存在する人妻でもあります。

オシリスの世界は全ての人間が機械化している奇妙な世界。
オシリスも機械化した民と家族を元に戻したいと傷無たちを生贄にしようと戦闘を仕掛けてきます。
最初にグレイスと懲罰四剣が戦うのですが相手にならず、さらにユリシア・ファランドールが現れる。
コアを再インストールしたゼルシオーネによって助けられますが難問だらけ。
ユリシアを助けないといけないし、オシリスをどうにかしなければならない。

再度戦闘となり今度は傷無とハユルが加わる。
オシリスを倒せなかったが、ユリシアを倒し、捉えることに成功する。

前半がこんな感じなんですが、ここまでは相当面倒な内容。
なぜかというと登場人物紹介を見ればわかるんですが、18人になってます。
そのなかでも特にイメージの少ない懲罰四剣で戦闘シーンとなると…。
せめて顔だけでなく全身デザインがあればいいんですがそれもない。
やってることが派手なだけにもっといないかなぁ。

で、今作品の核。Hシーン。

20160902_204739.jpg

ユリシアの洗脳を解くためにはコアの再インストールがベスト。
再インストールシーンですがユリシアといえば目隠しプレイでした。
その方向性から彼女の再インストールはSMプレイ。
縄縛、スパンキングに乳首に洗濯ばさみ、三角木馬が登場します。
見開き2ページ使っての挿絵は官能小説以上。

20160902_204802.jpg



さらに戦闘は続き、オシリス戦へ。
通常の戦闘のあと、やはりHシーンへ入ります。
人妻を屈服させていく姿はまさに男のなかの男。

ラストではオシリスを屈服させたあと、タナトスが突如出現して次巻へ…。


この作品において大事なのが【Hなシーン】であるなら
最もスタイルの良いユリシアが出番多くなるというもの。
けれどユリシアの出番はあんまりない。
そのフラストレーションを一瞬で爆発させたな、という感じです。

関連記事
2016-09-02 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





プレイ中