FC2ブログ

孤独のグルメ【感想】

画像 007

■ 孤独のグルメ

『ストーリー』
 個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。
 連載は古く1994~1996年。
 1997年に単行本が発売され文庫版、新装版が後に発売となる。

 一冊、それも十八話のみの漫画で一話分10ページと短く坦々とした物語である。
 単純に五郎が飯を食うだけだが台詞のチョイスがたまらない。
「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」なんて表現なかなか出てこない。

また画力も素晴らしく世界観がピッタリ当てはまる。
五郎の表情が彼の心情を一目でわかるほど表現している。






よかったらクリックお願いします。
関連記事
2011-10-16 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





予定