FC2ブログ

真・恋姫†英雄譚 蜀、突如崩壊するのこと【その1】

『原作』恋姫†無双シリーズ
『登場人物』蜀関係者
『あらすじ』蜀に突如として豚人間の集団が出現する。討伐するため出動した面々だが…。
※陵辱、寝取られメインになりますので嫌な方は読まないでください。
 また残虐なシーンを含みます。
※連載中の更新分はのちほど消去します。




【1】

 魏、呉、蜀の三国は大乱の時代を乗り越え、北郷一刀を調停役とし平穏な時代を迎えていた。
 三国の取り纏めである北郷一刀は現在、蜀に身を置いている。魏と呉に比べればまだ建国から間もない国ではあるが、身寄りのない彼にとってはこれ以上ない故郷でもあるからだ。
 そして親睦を深めていった女たちのいる国でもある。
 そんな蜀の街の中心を1人の男が歩いている。全身をボロ布で覆っており頭の天辺にはフードを被っており、顔がわからない。この地の者ではないだろうということだけは目的なく歩いていそうな動きから見てとれる。
 彼は道端でボロ布のなかから枯れ枝のようなものを取り出すといきなりパキッと折った。そのまま捨てるように足元に落すとまた同じような枯れ枝を折る。この行為を不審に思う者もいたが、少々変な男なのだという程度で声をかけなかった。
 数分後、彼の折った枯れ枝は20本に達していた。それでも止めないので何人かがひそひそと声を出し始めた。
 その不安はあまりに唐突な襲撃者の出現によって消滅した。



 枯れ枝の男がいる場所より東へ一キロと離れていない場所では青髪の美女が立っていた。
 白色の着物の胸元は襟との間が開いており、こぼれんばかりに張りつめた豊かな乳房の谷間を見せ付けている。帯で締めているとはいえ細くしなやかな腰をしていて、すぐ下にあるスリットから覗く太股が太陽の下に輝いている。

「ほほう、ではこちらのご婦人が貴様にぶつかったと申すのだな?」

 微風が吹くだけでも捲れてしまうだろうその短いスカートから長い足が伸びている。その足もまた白色着物と同じ色のニーソックスで包まれていた。どこまでも白を纏う青髪の美女は目を細めて問うのだ、その瞳に映すだけの価値がない男に。

「だからそう言ってんだろうが! くぅぅぅ、ぁああ! 肩が折れてるぅぅ、どうしてくれんだぁ? あぁん!?」
「あ、あなたがぶつかってきたんじゃない! 趙雲さま! わたしは!」

 美女を趙雲と呼んだ婦人は身の潔白を訴えようとした。しかし趙雲自らその腕を振るって口を止めた。腕部分に描かれた今にもどこかへと羽ばたいてしまいそうな鳥の翼が目に入る。
 優麗なる美女こそがこの蜀に存在する武将の1人、趙雲子龍。真名を星という。

「やれやれ、なんとも下手な芝居を……どれ、ここはこの私が本当に折れているのかみてやろう」

 口元に悪戯めいた緩みを浮かべると肩を押さえている男へと近寄った。男がやめろと言う間もなく星は肩に触れた。

 バキッ! バキッ!!

「ぎひいいいいいいいいっ!?」
「おやぁ!? これは本当に折れているやもしれんな……ふむふむ……おおう」

 男の悲鳴を無視して力を込めると肩の骨が尋常ではない音をたてた。

 バキバキバキ!!

「んぎゃぁあああああああっ!!」

 優麗な美女は微笑みながら肩を鳴らす。男の肩は完全に骨が外れ気色悪い音を鳴らす楽器になっていた。

「ふむ、本当に折れているな、それどころか複雑に入り組んで、これは早く治療せねば」
「お、お前が折った、ひぎいいいいいいいっ!?」

 バキ!

 外した骨を今度はくっつける。意識の飛びそうな男は全身をガタガタと震わせる。

「ふむ……これでよかろう。ほれ腕も動くだろう」
「ぎひいいっ!? くそっ、なんてことしやがる! こんなことしてただじゃ」

 男が離れると腰に差していた青龍刀を引き抜いた。一目見れば持ち主同様名もない安物なのがわかってしまう。
 薄い刃はただの暴力を乗せて揺れたが趙雲は何も恐れていなかった。物怖じせず、優雅な足取りで愛刀の龍牙を手にすると宙を薙いだ。

「なら一戦設けようか、私も昼食前に運動しておこうかと思っていたところだ」

 空を舞う龍の牙は男の前髪を何本か散らしていた。この程度の芸当、星にとってはどうということはない。しかし周囲で見ていた町人たちは「おおっ!」と歓声を上げた。
 ただのチンピラと真の武将の差がどれほどのものかと見せつけると口元を緩ませた。

「ひっ……く、くぅぅぅっそぉおおおおおお! 覚えてやがれ!」

 男は手にした青龍刀を一振りも出来ぬまま一目散に走り出した。

「ありがとうございました、趙雲さま……でも、あんなふうにするなんて」
「いやなに、あの手の輩は痛い目を見ないとわからんからな」

 星は婦人へ手を差し伸べる。龍牙を操るその指は繊細であった。彼女は白魚のような指で龍牙を操ったのだ。

「それでも精一杯手加減はしたんだぞ?」

 婦人も見蕩れるほど美しい武将は不満げにいった。

「ふふっ、趙雲さまったら」

 どこか面白くなって笑ってしまう。
 と、一難去った途端、なにやら騒がしい声が響き渡る。なにやら悲鳴のようなものが響く。さすがに星も眉をひそめる事態であった。

「やれやれ、一難去ってまた一難か。まったく面倒ばかりだ」
「私はもう大丈夫ですから、趙雲さま」
「うむ、行ってくるとしよう、では」

 見れば道を大衆が走ってくる。歩いてもぶつかるのは必至、走ることなどできるわけがない。そう婦人が思った直後、星の姿は消えていた。自分を救ってくれた恩人はどこにいるのかとあたりを見渡してようやく見つけたときには民家の屋根上を疾駆していた。

「しかしこの騒ぎはいったいなんだ……皆なにから逃げているのだ」

 血相変えて走る民衆はなにかに怯えているようだ。
 この先は広場になっている。そこから流れてくる人の数は膨大で終わりが見えてこない。だがもうすぐ広場へ出るなと思った矢先ぷっつりと人の気配がなくなった。

「これはいったい!?」

 広場を占領していたのは緑色の肌をした巨漢の豚だった。豚といっても家畜の豚と似ているのは顔だけで人間のように歩いているし武器も持っている。岩のような筋肉が腕と足にあり怪物そのものと化している。
 まさに怪物と呼ぶしかないほど醜い豚人間が何十匹も暴れていた。
 屋根の上から状況の把握をするがまったく理解できるものはない。見えるものといえば、殺された男が血を流しながら倒れたままであることと、その隣りでは婦女が暴行されている。

「どのような怪物か知れぬが下種であることは確かだな」

 さらに豚人間は家畜小屋や馬にさえ股間の肉棒を突き入れている。必至にもがく馬が逃げられない姿を見ると星は豚人間の力が異様である事は理解出来た。

「はぁはぁ~~~~~ん あひぃっ! ひぐっ! ひぐっ! ひぐっ! ひぐぅうううううううう
「素敵です もっと! もっとくださいましっ! 私の牝穴にチンポをくださいいぃいいいっ
「あっ あんっ あひぃっ ひぐううううううううっ

 眉をひそめたのは豚人間に犯されている女たちの嬌声だ。豚人間の股間に備わっている性器を挿入されているのに悦びの声が沸きあがっている。
 結合部に深々と突き入れられている肉棒は星もはじめてみるほど逞しかった。肉棒の大きさは人間と比較になら無いほど肉厚で長大だ。それは息を飲むほどの凶器で性交すれば股が裂けてしまうかもしれないという危うさがある。なのに女たちは全員がよがっていた。

「どのような理由かわからぬが、放っておくわけにもいくまい」

 星が屋根から飛び降りると手前にいた豚人間を龍牙で振り払った。

「ぐへぇぇぇえっ!?」

 200キロはあるかという巨大な身体が吹き飛ぶ。
 倒れた仲間に気付くと星の姿を目にした。婦女を犯していた豚人間も腰を止め、鼻を掻き鳴らして目を血走らせる。数十という豚人間がぞろぞろと星のほうへと集まりだすとその魅惑的な肢体を見て股間を膨らませていった。

「ぐへぇ、めっちゃ色っぽい女だべ、オラめっちゃ気に入っただ」
「んだぁ、気が強そうでオラ興奮するだで。ああいう女の股座にチンポさぶち込んであんあん言わせるのがいいんだなぁ」
「孕ませて、孕ませて、孕ませて、もう一回孕ませるだぁ! オラの赤ちゃん産ませるだ」

 先走り汁の垂れる肉棒が興奮で上下に揺れていた。
 豚鼻を鳴らしながら股間の勃起肉棒を扱きたてると臭気が立ち込め始める。男ではなく獣じみた雄の臭いが蜀全体を覆う。

「ほほう、暴力だけが取柄かと思ったが、良い女を嗅ぎ分ける感覚だけは冴えているとみえるな」

 ぐへっ、ぐへっ、と下品な笑い声をあげる豚人間達に龍牙を構える。

「しかしその下品な目で見られるのは不愉快だ。我が一振りで屠ってくれる!」

 星が鬼神の如き一振りを見舞った。




←作品がよければクリックお願いします。
関連記事

2017-03-29 : 小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





読んでるもの等











超昂神騎エクシール