FC2ブログ

真・恋姫†英雄譚 蜀、突如崩壊するのこと【その4】

『原作』恋姫†無双シリーズ
『登場人物』蜀関係者
『あらすじ』蜀に突如として豚人間の集団が出現する。討伐するため出動した面々だが…。
※陵辱、寝取られメインになりますので嫌な方は読まないでください。
 また残虐なシーンを含みます。
※連載中の更新分はのちほど消去します。



【4】

 本郷一刀が目を覚ますと両手首が鎖で繋がれた状態だった。
 自分のいる場所がやけに薄暗く視界さえままならない。遠くから届くぼんやりとした灯りだけが頼りだ。
 他には自分の着ていた制服や下着といった衣類全部がなくなって裸であるという事だ。

「ここはいったい……牢屋なのか」

 記憶がぷつりと切れていて思い出そうとすると痛む。
 目が慣れてくると格子状の壁が見えた。乾いた声で呟くと声が反響しているようにも聴こえた。

「ひょっひょっひょ、ようやくお目覚めかな、北郷一刀」
「っ!?」

 不気味な声とともに姿を現したのは鼠の怪物だ。蜀を襲った豚人間たちのなかで一匹だけ別の姿をした存在だった。
 鼠の男は格子状の壁の向こう側で髭を揺らして立っている。その隣りには巨大な青龍刀をぶらさげた豚人間二匹が護衛のように立っていた。
 鼠男が合図すると豚人間が鍵を開けた。小さく身を屈めて鼠男だけが入ってきた。

「お前達はいったいなんだ! みんなは、みんなは無事なのか!」
「みんな? お前を慕っているあの女たちか? 無事じゃ。たいへん元気じゃぞ、なにせこやつらの相手をしてまだ生きておるしな、ひょひょひょっ」

 気味の悪い鼠の怪物が口元を吊り上げて笑う。

「お、俺にこんなことしてどうするつもりだ」

 内心ほっとしながら裸の自分に嫌気がさす。どうにかしてここから脱出しみんなを救出しなくてはと考えを巡らせるが有効な手はみつからない。

「どうする、か。べつにお前さんになにかしようなんてのはないよ。ただねぇ、あの娘どもはお前さんが大好きで大好きで、くくくっ、だから利用させてもらうんじゃ」

 鼠男が外の豚人間に目を配ると一匹が入ってくる。手には朱色の墨と筆があり、鼠へと渡してまたすぐに外へと出て行った。

「くすぐったいじゃろうが我慢せいよ」
「なにを、ひっ!?」

 べっとりと朱色の墨に筆をつけたかと思えばそれを一刀の男根へとつけた。ひんやりとした筆先によるくすぐったい感触に思わず声が出る。

「なにをしているんだ、こんな、馬鹿げた事!」
「こら動くな。動くとうまく書けん。あまり暴れるようなら四肢を抜き取って達磨にするぞ」
「くっ……」

 広場でみた惨劇が甦る。この化物どもは一般市民を平気で殺害していた。きっと本当に手足をもぎ取られてしまう。そうなれば誰も救い出すことは出来ない。一刀は暴れるのを止めた。

「ひょひょひょっ、ほれほれ完成じゃ。北郷一刀と娘どもを結ぶ淫紋の完成じゃ」

 肩を揺らして笑う鼠の怪物はそういって筆を床に下ろした。
 筆の感触に半勃起状態となった一刀のペニスにはなにか奇妙な絵がかかれていた。それは文字のようでもあるが一刀にはなにか読めない。

「俺と娘たち? なにをした! これはいったい!? あぐっ!?」

 突如、ペニスに痛みが走った。誰かにぎゅっと握られたような痛みだ。

「ひょひょひょ、そう焦るな。いずれその淫紋の意味もわかる。それよりもいまは少し慣れておくんじゃ。でないと後が大変じゃぁ、くくくっ」
「ひっ……あっ……ぐぐぅううっ!」

 悶絶とまではいかないがペニスから痛みが走ってくる。握られたかと思えば今度は踏まれるような、かと思えば蹴られるような。なんともいえない痛みだけが何度も繰り返しやってくる。
 痛みに快楽を覚える性癖はないがペニスは反応し、むくむくと勃起してしまう。
 一刀が受ける痛みに腰を揺らす姿を鼠の怪物は数分のあいだ見下ろした。

「はぁはぁ……こんな馬鹿げたことを、いだっ……くっ!」
「ほうほうほう、人間にしては勃起状態はなかなかじゃ。あの娘どのも処女を奪っただけのことはあるのう。それももう過去の事じゃがのう」

 無理やり勃起させられたようなものだった。

「それでは本郷一刀よ、またあとでな。ちゃんと生きるんじゃよ」

 鼠の化物はそういって去っていく。
 牢屋の中、一糸纏わぬ姿で鎖につながれた一刀はペニスに感じる痛みに苦しみながら時間が過ぎるのをただ耐えるしかなかった。
 何日経ったかわからない頃、ペニスに感じる痛みは和らいでいた。いや、正確には一刀が痛みに対して馴れたのだ。最初の頃は苦痛に声をあげていた刺激ならペニスがびくんと反応してもそう痛くはない。
 疲弊した一刀の耳にカツンカツンと床に打ち付けるような音が聞こえてきた。それは豚でも鼠でもない。よく聞いた足音だ。

「……主、主」
「星!? 星じゃないか! どうして、まさか助けが!?」

 牢屋に来たのは青髪に白い着物の星。広場での凄惨な姿が嘘のように以前と変わらぬ姿で立っていた。手には米といくらかの食料が盛られている。

「いえ、すみませぬ。助けに来たわけではないのです……それより、こちらを召し上がってくだされ。奴らが上で待っておりますゆえ」

 星は曇った表情のまま首を振って否定する。もしかしたら魏の華琳か呉の蓮華が軍を率いて助けてくれたのかのかもしれない、と思ったがそうではなかった。

「奴ら……あの怪物どもか……星は無事なんだな」
「はい、幸いこうして生き長らえることは。主も無事で何よりでございます」

 目尻に涙を浮かべながらトレイを差しだした。両手首を縛っていた鎖は星によって解かれて、一刀は久し振りの食事を暗いなかで食べた。

「それと、主の服ですがこちらに用意しておりますので食事が終わったら着替えてくだされ」

 勃起したままのペニスを目にしても星は顔色ひとつかえなかった。
 反面、一刀はそれどころではない。助けてくれる彼女のむちっとした太股や白い肌の胸元をみると痛々しいほど勃起がとまらない。

「もしや私に劣情を催してくださいましたかな?」
「い、いやそれどころじゃ」

 出会った頃から彼女の美しさ、色っぽさには参る事が多かった。けれども今はそれが何倍にも増幅されているような気がしてならなかった。

「そうですな……主とは、その……いえ、いまは奴らのもとに向わねば怪しまれますゆえ」

 星は一歩下がると一刀の食事が終わるのを待った。すべて食べ終わると今度は制服に袖を通す。以前と変わらぬ姿に戻ると勃起も少しは収まった。

「さぁ、行きましょう・あまり時間を取られてはこうして話すことも許されなくなります」
「行くのはいいけど、なにをするんだ」

 答えはなかった。牢屋を出ると星が先導して歩く。彼女の短いスカートから覗く太股が艶かしく揺れるのを見ると一刀は逃さなかった。それにスカートを押し上げている臀部がどこか大きくみえた。尻のラインや陰影がくっきりとしているからだ。
 服が小さくなったのかと思ったがどうやら違う。尻が大きくなったようだった。

「なぁいったいなにをするんだ?」
「そこまでは教えられておりません。私には主を連れて来いという指示があっただけで……」
「そっか。でも星が無事なのがわかってよかったよ。桃香や愛紗は? みんな無事なのか?」
「安心してくだされ、主が倒れたあとは誰も命を失っておりません。民も兵も虐殺はなく、みな……一応に無事なのです」
「それはよかった……でも……」

 その言葉のあとは星にもわかっている。この蜀がいまだにあの豚人間の手中にあると。どうにかして奴らを倒さなければならないと。

「無事とはいえ、奴らに支配されておるのは事実。なにより蜀より脱出することが敵わず、外と連絡が取れないのです。商人や旅客も通さない状態で、この異変に気づいてくれればよいのですが」
「そう……だな」

 相槌を打つくらいしかできなかった。
 やがて牢屋から続く通路を抜け出る。いったいどこの地下だったのかと思えば、いつも自分たちが使っていた屋敷の傍だった。人の気配がない屋敷の中を歩き進むと自分の部屋の前を通り抜けていく。
 荒らされた様子のない屋敷を抜け出ると目を疑った。

「なんだ、これは」

 前方にあるのは巨大な宮殿。蜀というよりこの時代、この世界に似つかわしくない巨大なものだった。

「奴らの手によって作られた宮殿。蜀を支配したあの醜い豚どもの住む場所です」

 悔しさに歯を噛締めていた。

「さ、さぁ、主。もう少しです、参りましょうぞ」
「あ、ああ」

 宮殿の門をくぐると10人は並んで歩ける廊下にでる。体格は二倍以上ある豚人間のために作られた宮殿はなにもかも大きく見えた。

「おんやぁ、星ちゃんじゃねぇだべか。ぶひひっ、誰かと思えば一刀までぇ」
「っ!?」

 2人の背後から下品な鼻鳴りと声がした。星は俯きがちになって足早になる。

「おい、無視するんじゃねえべ、星! 止まれ!」

 豚男が叫びながら近づいてくると星が足を止めた。一刀も止まるしかなかった。

「む、無視などしておりませぬ……私は主を連れて来いと言われているにすぎんからな。お主のことには気がつかなかった」
「ほほぉ~ん、そんなこと言っていいだべか?」
「なにか気に障ったのなら謝りましょう、ほれ、このとおり」

 頭を下げたが悪びれた様子はまったくない。
 支配されているとはいえ、星はいつものように飄々としていた。

「ぶっひ~、一刀の前だからだべ? 昨夜はオラのチンポでひぃひぃ言っとった牝穴がよう言うべ」
「ええっ!?」

 なにを思ったか豚男が星の腰に手を回した。ごつごつとした指が臀部を撫でまわしスカートの裾を捲りあげる。太股をきゅっと締め付ける様が見てとれたが星は抵抗しなかった。

「フッ、演技かどうかわからぬようでは小物ですな……んっ……おっと小物ではないか、ただ大きいだけの、ん……ふぅ、んっ……木偶というところでしょうな」

 指が太股のあいだに入り込み我が物顔で美肉を擦る。
 星は頬を赤らめているが睨み付けていた。だが親指がスカートの内側へ入り込むと声を潜めてうめくように発してしまう。

「お、おいっ!」
「邪魔すんじゃねえべ、したらどうなるかわからねえべ?」

 目の前で星の尻が鷲掴みにされてなお、動けなかった。武器を持っていないし、体格だけで勝てないのは目に見えている。

「主、心配めされるな。この私がこのようなケダモノにどうこうできる女ではないと知っておりますでしょう」
「でも……」

 星の肩が震えていた。
 彼女のスカートがたくし上げられ、腰の帯びに差し込まれると可憐な白ショーツが丸出しになる。男好きする弾力のある尻肉が豚男によって弄られている。豚男はそれだけではあきたらず星の秘裂へと指を這わせた。

「ムチムチのオマンコだべぇ、昨日は気持ちよかったんだぁ、おらのチンポズボズボズボズボ突っ込んで、ぶひひっ、スケベしまくっただぁ、星は何回イっただか?」
「支配下においた女を……んくっ……力ずくで抱いただけのこと……ふぅ……んっ……あれが愛する男女のすることか……」

 くちゅくちゅといやらしい音が鳴り出す。
 星のショーツが濡れだすと豚男は容赦なく指を突っ込んだ。
 淫音を響かせる膣穴を男性器の注送の如く指を動かせば星は腰を引いてみせた。

「おらのチンポどうだっただぁ? 本当に気持ちよくなかったならなんで濡れてるだ? 星のオマンコぐちょ濡れだべぇ~」

 しつこく挿入してくる指から逃げようとさらに腰を引くがもう片方の手が尻を掴んで逃さない。

「あっ……な、なにを、んっ……あるじ、あまり心配するな。わたしはこのようなことで、はぁあっ!」

 その高い嬌声がなった瞬間、一刀のペニスに痛みが生じた。何にも触れられていないのに痛みで勃起してしまう。

「あっ、いけません! あるじ! 勃起してはなりません!」
「星っ!?」
「あひっ! んっ……貴様、そろそろやめろ。私は命令を受けているんだぞ」

 星の様子が変わる。秘部を責めてくる指を食い止めようとした。

「んん~? 気持ちよくないんじゃないんだべか? ほれほれほれぇ」

 淫部に潜り込む指がさらに奥へと入り込む。星の膣穴は二本の指でかき回されてぴちゃぴちゃと愛液を撒き散らし始めた。

「ああうっ、ふっ、あっ、あっ、やめ、やめぇえええっ! あるじ、見ないでくだされ。あるじがみれば、勃起してしまいます! 勃起しないでくだされ!」

 必死になっている星だが一刀のペニスはチクリチクリと痛みが走っていた。なぜこうも痛みを感じるのかわからないが勃起は止まらない。

「やっ、めっ、やぁっ、くっ、主に見せて反応を楽しむなど下種めっ……っ!」

 あの星が内股になって豚男にしがみつく。そうしなければ立っている事が出来ないのがみてとれた。

「なにをいってるんだよ、星!?」

 星の言葉の意味がわからない一刀は勃起を抑える事が出来ないままみていることしかできない。

「大好きな一刀の前でイクブヒ!」

 豚人間の指は動きを早めた。星の一番感じる部分に指をあてると力を込めて穿り返す。
 好意を抱く男の前でひたすらに責められた女は呼吸を早める。

「ひっ、やっ、ああぁぁ、ああっ、ああっ、あっ、あひっ、ひやぁああああああっ!!」
「あぐぅううっ!?」

 いやらしい絶頂に向うその言葉を聴いて、ほかの雄に弄られる彼女の姿を見せられて、一刀は胸の中が熱くなったが同時に勃起した肉棒からどろりと精液が漏れ出た。

「ぶひひ! ぶひ~~~~~!」

 豚男が膣から指を抜くと舐めあげながら笑った。

「星ちゃんってば完成しちゃってるぶひぃ~」

 星の淫裂周辺に発光する朱色の紋章がみえた。少し形は違うが自分のペニスに書かれた淫紋とやらに似ていた。

「ぶひぶひぶ~、これで今夜からもっと楽しめそうだべぇ」
「あひぃっ!?」

 豚男は星のスカートを元に戻すと尻をパンと叩いてどこかへと去ってしまう。

「せ、星、無事なのか?」
「あの豚め……少々恥かしいところを見せてしまいましたが、フフッ、もしや私が本気で感じていたと思いましたか?」
「い、いや……それは……」
「主、私は主の……ちゅっ……女ですぞ

 2人の唇に触れる。

「ああ……主は射精なされたのか、替えの下着をもって来ますゆね、しばらくお待ちくだされ」
「ああ……」
「くれぐれも逃げようなどとは思わないでくだされよ。いまはまだそのときではないのですから。下手に動けば……」
「わかっている」

 一刀は気付かれないと思った。射精したとはいえズボンの内側で量も少しだ。だが星は股間を見もせずに気付いてどこかへと行ってしまう。
 広い廊下のなかでひとり、一刀は立ち尽くすしかなかった。



 宮殿のなかを豚人間が愉快に笑いながら歩いていく。豚人間の使用する便所に入ると続いて白着物の女も入っていった。便器が並ぶなか、背後の女に気付くと豚人間は振り返った。

「やっぱり追いかけてきたブヒ。星ちゃんてばドスケベ~」
「あのようなこと、主の前でされては困る……」
「うるさいのは星ちゃんブヒよ。おらの指に発情しちゃったドスケベはなにをしたいのか行動で示すブヒ」

 膣穴を掻き回され絶頂に昇らされた。その火照りはまだ引いておらず昂ぶったままだった。
 星は便器に並びがに股に足を開きスカートをたくし上げた。白ショーツは股間の部分だけおもらししたみたいに湿っている。

「私のオマンコにチンポを恵んでくだされ ぶっといチンポでお願いします 長く、子宮を押し上げる事の出来るチンポを

 ショーツをずらし、秘所の花びらを自ら広げて懇願すると豚人間の股間が起き上がった。腕ほどある肉棒が近づくと期待からか愛液が漏れ出す。

「お願いです、私の淫乱オマンコにぶっといチンポを恵んでくだされ 昨晩の本気イキセックスのように牝にしてくだされっ
「演技じゃなかったぶひか?」

 わざと膣穴にあてがうだけで止めて聞いた。

「あれは、本気です くやしいが豚チンポのほうが主より上なのだ 私を1人の牝にしてくださるチンポをはやく

 辛抱できなかったのは星だ。肉棒の先に膣穴を擦りつける。

「ぶひっ! 星ちゃんのオマンコまた本気イキさせるぶひっ!」

 星の腰を掴むと豚人間が腰を突き出した。

「んほぉおおぉおおおおおおおっ ほぉおっぉんんっ 豚チンポっ ごん太っ  チンポ チンポがオマンコを受け入れっ 豚チンほほほうううッお゛っ゛
「このドスケベめ、ほりゃほりゃ! 星ちゃんのドスケベマンコなんておらのチンポの前じゃ肉壷ぶひっ!」

 豚人間の長太い肉棒が子宮まで突き上げると星の身体が浮き上がった。串刺し状態でピストンされるとさっきの指責めなど遊びのように激しい絶頂が繰り返される。

「おほっ おほっ 豚チンポよい よいのですぅんっ 豚チンポの肉壷便器をもっとごっちゅんとぉっ ひぐぅうっ 私のオマンコをもっと責めてくれっ 本気イキっ するとっ おひいいいっ ひぃいいいいんんっ
「ブヒヒヒ! そんなにいいの?」
「ああ ひいいいっ よいっ んひっ 子宮をゴツンとされるとイクっ 本気イキするぅううう

 結合部から洩れ出る液体が飛沫のように跳ねて便所を汚す。

「一刀とおらのどっちが好きだ?」
「主だ! 貴様なわけがなかろうが! ひぃぐぅううううっ 主が好きなんだ! 貴様は豚チンポだろうが 私が本気イキしても好きにならんっ ほっ ほっ おほぉっ
「ブヒヒヒヒヒイ! いまごろ待ちぼうけしてる一刀がかわいそうブヒっ! ブヒブヒッ!」

 きっぱりと違うという星を豚人間は笑うばかりだ。
 絡み付いてくる膣粘膜を無慈悲に肉棒でほじくり突き上げる。何度も絶頂に至らせてから子宮口にぐりぐりとこすりつけた。

「嫌いなオラの種付けだべ、星ちゃん。オマンコきゅっと締めとくブヒっ!」
「やめろ、いややめないでくれ 種付けは好きなのだ 種付け 種付けっ
「ドスケベ星ちゃんにドピュッぶひっ!」

 ブビュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!

「ぬぅぉおッ おほぉぉおおおおぉおぉおおぉおぉおおおおおおおおおっ

 放たれた精液は行き場がなく、僅かな穴である子宮口に流し込まれていく。凶暴な豚人間の精子で満たされると星は絶頂によって痙攣した。

「ブッヒヒ! 星ちゃんに種付けブヒ! ほら、へばってないでオラたちもいくべ。みんな待ってるんだべぇ」

 豚人間がぐったりした星を抱えたまま歩き出す。

「主、すみませぬ……私は豚チンポとの交尾が好きなのです




←作品がよければクリックお願いします。
関連記事

2017-04-01 : 真・恋姫†英雄譚 崩壊シリーズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





プレイ中