FC2ブログ

【映画】Wake Up Girls!【感想】

20140117_000238.jpg


ここ数日、物凄い勢いで厳しい批判やら製作状況になってる作品ですが
正直、監督がどんな人物かなんてどうでもいい。
あくまで他作品と同じ目線での感想です。


ストーリー

少女達がアイドルユニットを結成するまでの話なんですが
特に目新しい部分はありません。
なんていうか90年代のドラマ見てる感じです。
個人的にはこういう話は好きです。
あらすじとテレビ1話を見れば特に問題なくストーリーはわかるはず。

キャラクター

ここがキーなんだけど、名前がわかりません。マジで。
というか元アイドルの島田真夢は名前を連呼されるから、まぁわかるんですが他がまったく呼ばれません。
メンバー同士でも名前を呼ぶことがないので終始外見で判断をするしかない。
またその外見も髪型ぐらいしか特徴がなく、一時間未満の一度見では覚えきれない。
とにかくキャラの印象が薄い。

作画、映像

全てのシーンに通じるのはカメラが動くことはないの?という一言。
なんというかひたすら平面でしかない。
あっと思わせるシーンがない。
本当に深夜テレビアニメのなかでも低予算枠なんだなという印象。

作画に至っては通常の会話シーンですら作画は安定しておらず、顔の印象さえ変わってしまう。
そのせいで劇場版というには程遠い。

とにかく画がちぐはぐ。


7000枚のライブシーン

7000枚だろうが10000枚だろうが枚数重ねても意味はない。
最近のライブシーンはどのアニメもとてつもない映像で作り上げている。
比べれば学芸会程度にしか見えない。
確かに『初めてのライブ』ということを考えれば、これぐらいがいいかもしれないがこれは劇場版。
テレビで見るものとは違う。しかもテレビの1話で全部流すという暴挙。
さらに作画は崩れており、始まる時には1人キャラが浮く。

例のパンチラについて
ライブ開始前に松田が見せパン買ってくるって言うんだけど
夏夜がべつにいいよって言い出してメンバーも流されてそのままやることになってます。
ただあれだけピックアップしたり、ローアングルで映す意味はない。

音楽

ここだけは良い。
タチアガレは好きだよ。


100点を満点とするなら10点くらいか……
それでも単純に観れたってだけで同情みたいなもんしかないです。

テレビに関して
なにやら監督がすでに疲労困憊とか言ってるみたいでこんなに暗雲立ち込める作品は珍しい。
製作発表は随分前だったのにもう限界寸前とか意味が解かりません。

小さな一歩を踏み出した先が大地雷原だった声優さんたちが可哀想だから最後まで見ますよ。
作画の酷いアニメなんかもう馴れてるしな。
関連記事
2014-01-17 : 感想 雑多 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





プレイ中