FC2ブログ

【新書】本音で生きる 著 掘江貴文【感想】

20160513_144454.jpg

堀江貴文という人物にさほど嫌悪感はない。
むしろ彼の持っている目や発想は自分にないものだから気づかされることは多い。

当時(ライブドアのフジテレビ買収問題)の時のバッシングは凄まじく、酷いものだと感じる側でした。
2016年になって当時の討論番組を見返したら面白いほど彼の言うとおりになっているわけですよ。
いまやYoutuberが子供のなりたい職業3位なんですからね。(ただし職業といえる保障のないものですが)

さてこの本ですが【時間の使い方】についての考え方や効率化がほとんどです。

個人的にいいなと思えたのは以下の二点。

1、情報を浴びる
特に天才であるとか発想力があるとかではなく、情報を浴び続けているというのが差を生むということ。
本の中で他人と比べて一桁は多い情報を浴びているという。
聞き流していいし、文字ひとつ完全に覚える必要はない。
ただひたすら情報を浴びるということ。

2、すでにアイデアは出尽くしている。
2016年、すでにアイデアは出尽くしている。
だからそのアイデアをいかにして組み合わせるかである。

小さな気づきは多くあるがこの二つは特に意識できるもの。
口癖が「時間がないからできない」「お金があったらやるのに」な人は読んでもいいかな。


関連記事
2016-05-13 : 感想 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





プレイ中