FC2ブログ

【小説】下ネタという概念が存在しない退屈な世界2【感想】

20160821_115946.jpg

エロ本争奪戦に勝利したSOX
その活動をテレビで見た鬼頭鼓修理がやってくる。
さらにテロリスト『群れた布地』との戦いになる…。

って話なんですけど
テレビアニメってここまでなんだな。
3巻もすでに購入済みなんですがまったく知らないキャラが出てきてました。


さて、新キャラが一気に登場してにぎやかになってますね。
でも相変わらずメインである『華城綾女』と『アンナ・錦ノ宮』のインパクトは強い。

華城綾女のとどまる所を知らない下ネタギャグは一巻よりも強くなってますね。
ただ喋ると平気で3行持っていくし、普通の台詞じゃないから読んでてテンポが狂う。
アニメだと軽く流せたりするんだけど原作だとチンポマンコ言い過ぎなくらい。

アンナ先輩も奥間の下着に執着しすぎで、完全にド変態。
そこがいいんだけど、まともな人間になる気配がまったくない。

不破氷菓
イメージ的にはサブの位置で出番そんなにないかなって感じだったけれど要所要所に登場してくる。
「堪忍してください」なんていうキャラ珍しいわ。

月見草朧
完全に狂ってるとしか思えない。
他のキャラがすでに狂ってるから印象薄れてるけど完全にぶっ壊れてる。
しかし初登場の巻で電気アンマされてアヘるのはいいのか。


全体的にキャラ前面に出しすぎてどの場面も濃い半面ちょっとテンポが悪いかもと思ってしまう。
というのも下ネタギャグの部分が楽しめるけど完全にお話とは別なので思考が追いつかない。
だから読むのに時間がかかる。
あとテレビでオナホ作ったりしてたけど、あれはオリジナルなんだね…好きだったのに…。


関連記事
2016-08-22 : 感想 書籍 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-08-25 15:27 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

之ち

Author:之ち
之ち(ユキチ)

小説中心に活動中。
ジャンル問わず面白ければ好き。
大阪在住・12/28生
相互リンク募集中です

カウンター

おすすめ





読んでるもの等











超昂神騎エクシール